タトゥー除去に必要なことはあらかじめ医師カウンセリングで知ろう

SITEMAP
上をみあげる女性

タトゥー除去と照射の後の状態と

女性の脚と花びらのハート

手軽に綺麗にタトゥー除去ができる方法として注目を集めているのが、美容外科で行われているレーザー治療です。治療自体は、タトゥー除去をしたい部分に対してレーザーを照射していくだけで、タトゥーの大きさによっては10分程度で1回の治療が終わることも少なくありません。そんなレーザーによるタトゥー除去の施術を受ければ、一気に見た目が変わるわけではありません。施術によって皮膚の内側の染料を破壊することができますが、破壊された染料が肌の外に出てくるためには少し時間がかかります。

レーザー治療の直後はその部分にかさぶたができて、そのかさぶたが剥がれ落ちる頃にタトゥーが少し薄くなるという流れが一般的です。1回の治療では少し薄くなる程度ですが、繰り返し治療を受けることでタトゥーが目立たない状態へと変えていくことができます。ただ、治療後しばらくは火傷のような症状が続いたり、かさぶたの痒みに悩まされることが多く、短期間で何度も治療を行うことはできません。肌への負担などを考えると、3カ月程度の間隔をあけながら治療を進めていくことが有効となります。治療後、しばらく腫れや痒みなどの症状が出ることがありますが、照射自体は短時間で終わることが多いため、タトゥーで悩んでいるのであればレーザー治療がおすすめです。

ピックアップコンテンツ

レコメンド

目立つ部分のタトゥー除去はレーザー治療で

タトゥーを入れていることが原因で、肌を出すことができないと悩む人もいるでしょう。そんな場合は、美容外科でタトゥー除去の治療を受けることがおすすめです。腕や脚のように目立ちやすい部位に入れたタトゥーを綺麗に消したいのであれば、傷跡が残らないレーザー治療を考えておくことがおすすめです。…

MORE